■結婚指輪の歴史


それでは、結婚指輪はどのように生まれてきたのでしょうか。 婚約指輪の歴史と合わせて考えてみましょう。婚約指輪は 家同士の契約の象徴として男性の家から女性の家に贈られた のが起源でした。それが中世に続く歴史の中で宝石をあしら った派手なものへと変化していったのです。

そして、そこにさらに影響を与えたのがキリスト教でした。 西洋の社会にキリスト教が生まれ、それが浸透していくと、 結婚の意義がこの宗教の力によって変化していったのです。 そして結婚に際し、神様に男女がその結婚が誠実なものであり、 自分の貞節も誓う、という意義が強くなっていきました。 その誓いのしるしとして用いられたのが結婚指輪だったのです。

当初はその誓いが強いものであり、強固なものであるという しるしとして、鉄が用いられていたそうです。指輪にしたのは、 リングになっていることで、永遠を示すことができるからで あったとされています。それがだんだんと鉄ではなく金を用いる ようになりました。金のほうが価値が高い金属とされたことも あるでしょう。

神への誓いの象徴とされていた結婚指輪ですが、さらに時代が 進むと、教会で司祭の立会いの下に挙式が行われるようになり ました。これにより、結婚指輪の意義が確立されたということ ができるでしょう。西洋で挙式についてきちんと定義されたのは 16世紀になってからだといわれていますがそのころには挙式の 一環として結婚指輪は正式に定義づけられていたということに なります。

スポンサードリンク
→エンゲージリングの通販専門店・結婚指輪ショップ

■本サイト人気コンテンツ


★ 人気の結婚指輪ランキング
予算として10万円〜15万円、次いで5万円以下、その次が5万円〜10万円程度の価格が人気で、素材としては男女ともに、違和感無く付けられるプラチナが人気で・・・ 続きを読む

★ 結婚指輪の相場はどれくらい?
結婚情報雑誌「ゼクシィ」によると結婚指輪の相場は2人分で20万円前後と言われています。ちなみに30年程前は2人分で3万円〜5万円円程度、15年程度前は2人・・・・ 続きを読む

★ オーダーメイドの指輪も人気
最近では、結婚式や婚約指輪にお金をかけずに一生着ける「結婚指輪」にこだわる傾向が強いようです。デザインから素材、宝石の有無など全て自身で決め、他に無い・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 結婚指輪の選び方について
◆ 【人気ブランド】Tiffany(ティファニー)
◆ 【人気ブランド】4℃(ヨンドシィ)
◆ 【人気ブランド】Cartier(カルティエ)
◆ 【人気ブランド】BVLGARI(ブルガリ)